FC2ブログ

記事一覧

続・幼児期のお子さんのママへ


おはようございます。
昨日の朝はみぞれ?が降っていました(>_<)
桜が開花というこの時期に驚きですね。



さて、前回は0〜3歳のお子さんの特徴を知り
イライラを減らしてみましょうという内容
でした。


今日は3〜6歳のお子さんの特徴について
ある園長先生から伺ったお話をします。



3〜6歳で幼稚園や保育園など
初めての集団生活が始まります。
(保育園のお子さんはもっと早い時期に
集団生活デビューになりますね)
家族以外の人と接することが増え
自分の思いがままならず、集団生活の
ストレスが大きくなりますので


ぜひ、お家では温かく見守って
あげてください、とのことでした。


また親の知らない世界ができて
嘘をつくこともありますが
我が子目線でしか物事を考えない
バカ親にはならないで下さいね、と。
(いわゆるモンスターペアレントですよね)


子供は自分の都合の悪いことは
話しませんものね。


また言葉で表現することができずに
「噛みつき」で表わす子供がいます。
そんな時はどんな気持ちで
『噛んでしまったのか』を探って
言語化してあげるといいそうです。


『◯◯な気持ちがして、イヤだったのね』


そうか、そう伝えればいいのかと
噛まずに言葉で表現することを覚えます。


また集団のルールや順番があることも
その年齢になってようやくわかってきます。


1年生になる前に
・これはやってはいけないかな?と気づける推測力
・我慢力
・自分の気持ちを伝える力


この3つの力がついていれば理想だそうですが、
個人差が大きいのも現実。
裏を返せば、この年齢までにできない子も
多いということですから、お母さんは
おおらかな気持ちで〜と。


たくさんの子供達と日々向き合っておられる
園長先生のお言葉は器が大きくて
ホッとしますね。


4月から新しい生活がスタートする
ご家庭も多いことと思います。
ぜひご参考に、イライラの少ない
毎日にしたいですね(*˘︶˘*)


2017032800101431c.jpg



アンガーマネジメントファシリテーター
キッズインストラクター
Ichi



ブログランキングに参加しています。
更新の励みになります(*´◡`*)
お手数ですが、クリック3連チャンで
よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

No title

保育園等で従事されている方は、お子さんよりもモンスターペアレントへの対応が一番厄介そうですね。

子供の才能を伸ばしてあげる、子供の伸びしろを抑えつけないように成長させてあげないといけないことを考えると、子育てが世の中で一番ムズカシイのかなと思ったりします。

正解がないと思いますし、全て結果論になってしまう感じがしますし。やはり私の場合子供を持ってはいけないタイプの人間かもしれません(笑)

子供は大好きなんですけどね~!

節約ドットコムさま

今日もコメントありがとうございます(*^^*)

小学校の教職員でさえ、今は保護者のクレーム対応に頭を抱えているようです。
『誰のための、何のための学校なのか?』この原点を振り返れば、おかしな事態にはならないと思うのですが(>_<)

子育てが世の中で一番ムズカシイ
どうなんでしょうね、私自身そんなムズカシイことをしてるつもりはありませんが^_^;かと言って自信もなく、むしろ戸惑いや自問自答することが多いかも。自分のことならまだしも『人を育てる』やっぱりムズカシイことなのかもしれません。

お子さんが大好きなら、その時点でお子さんがいらしてもOKなタイプかと思いますが(*´˘`*)

No title

噛まれたらしゃれにならんですよね
親がモンスターペアレントで子供がモンスター化したら笑えない
相手の気持ちがくめれば対応も可能なんでしょうけど・・・

ぽちっと

てかと さま

こんばんは。コメントありがとうございますm(_ _)m

何かその前にやりとりがあったとしても、突然噛まれたら、まずは驚きで子供は泣いてしまうでしょうね。
噛んだことはもちろん良くないことですが、その行為だけに焦点を当て責めたりすれば、改善の可能性が逆に低くなってしまうようです。

親がモンスターペアレント、子供はモンスター化、その事態は避けたいものですが結構あるあるな気も。。。

ポチッと応援頂きありがとうございます!!

No title

Ichiさま

おはよう御座います!

私は、子供を持つ親ではないのですが・・・

想像してみました・・

我が子が・・他人の子、学校と揉めたとします。

果たして、その時、我が子の発言が嘘か本当か
見極められるのか・・・・。

結局、我が子の発言は信じてしまいそうです(涙)

・親として子供を信じてあげる事
・常に味方についてあげる事

が親かな?って考えたのですが

しかし
モンスターペアレントの様な、
盲目的な自分の子供最優先は駄目ですよね。。。

譲って、自分の子供最優先は良いとしても
相手の事を考えない、過剰な要求をしている
モンスターペアレント達の行動は理解できません
(呆れ)

最後のアヒル?カルガモ?写真かわいいですね
(●´ω`●)

吉良 直樹 さま

こんにちは!
コメントありがとうございます^o^
わざわざ想像までして頂き、感謝ですm(_ _)m

何かあったとき、我が子の発言を丸々信用してしまいそうですが^^;
先生に間に入って頂き、双方の話をしっかり聞いていただいた上で
判断できる親でありたいと思います。

相手の事を考えず、利己的で過剰な要求をする親。
多いみたいです•••(>_<)私も理解できません。

惜しいですっ、アヒルとマガモの写真でした〜( ´艸`)


コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Ichi

Author:Ichi
東京都区内在住。夫、小学生の娘、義両親たちと同居してます。関西生まれ♬のアラフォー主婦、アンガーマネジメント認定講師としても活動中です。怒りの感情と上手に付き合うことができれば毎日がラクになりますよ(*^^*)
アンガーマネジメントについて、子育てや日々のできごと、思ったこと感じたことを綴っています。あなたの生活のヒントになるかも?!

ブログランキングに参加しています。

読んだよの印にポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

カウンター