FC2ブログ

記事一覧

夫と冷やし中華


こんばんは。深夜に更新です。
今日も梅雨を忘れそうなくらいの
暑さでしたね。



夫が昼休み『新作!◯◯冷やし中華』の登りが
美味しそうで、その飲食チェーン店に入り
注文したときの話をしてくれました。



麺とタレが別皿だったそうで
「これ、どうやって食べるの?」と
店員さんに聞いたら



「タレをかけてもらって大丈夫です」
と言われて



麺にタレをかけて食べたら味が薄すぎたと。
皿の下を見たら水がたまっていたそうで



「『おまえ、これでぶっかけたら
不味くて食えないだろうがっっ!!』
と以前ならば間違いなくブチ切れていたけど
6秒こんな感じで待ったからね」



と、なぜかうなだれて実演してくれたので



「6秒すごい!でも、どうしてうなだれて
待ってたの?深呼吸でやり過ごすのも
良かったんじゃない?」とアドバイスしたら



「隣のおやじが臭くて
深呼吸なんかしたら余計に腹立つから
うなだれながら6秒待ったんだ」



Ichi妄想画↓
201806262345548a0.jpeg


とても簡単で取り組みやすい
深呼吸(リラクゼーション)が
使えないこともあるのかと•••(笑)



そして臭い
人のことあまり言えないお年頃に
あなたもなってるけどね〜(と心の中で♡)



どんなに腹立たしい強い怒りでも
怒りのピークは6秒と言われています。
そのピーク時、感情に任せた行いは
あとから後悔を生むことが多いです。



昔から読んで下さってる方は
「うん、知ってる知ってる〜」


最近から読み始めて下さってる方は
「へぇ、そうなんだ〜」


という感想だったのではないでしょうか。
(最近、お伝えしてないなぁと思い^o^)



怒りのピーク、まず6秒をやりすごす。
そのあと次の対応を考えると
後悔は生まれにくいです。



ちなみに、夫は薄い味の冷やし中華を
そのまま食べたそうな。



この冷やし中華は
その日が販売初日だったそうで
店員も慣れてなかったのかもねと
思ったんだそうです。



いや、お金を取って販売してるのだから
物申してもいいのではないか?
と思った方、間違いではありませんよ。



大事なのは怒りの感情で
自分自身が後悔するのかしないのか

そこです。



怒らないこと=アンガーマネジメントでは
ありません。




『あー、あの時、やっぱり怒っておけば
よかった。腹が立つ』と思うのならば
怒っておくべきだったこと。



「今、考えたら大したことなかったわ」
と思えるのなら、怒らなくてよかったこと。



怒りの感情で後悔しない
これがアンガーマネジメントです。




今日も最後まで読んでくださり
ありがとうございます(*^o^*)



来月の講座のお知らせです。

■アンガーマネジメント入門講座7月4日、7月18日■
【日時】2018年7月4日(水)、7月18日(水) 10:00〜11:30

【場所】東京都板橋区内
(最寄り駅=都営三田線板橋区役所前駅、東武東上線大山駅)

【受講料】3240円(一律決まっています)

※お問い合わせ頂いた方に別途詳細をメールにてご連絡いたします。

アンガーマネジメント診断という
ご自身の怒りの傾向とタイプを
知るための心理テストがあります。
自分の怒りのクセを知ることは
怒りのコントロールがしやすくなります。

■アンガーマネジメント診断■
【総合診断】2160円(税込) [質問91問 15分程度]
★怒りの強度 、持続性、頻度、耐性、攻撃性と
6つの特徴的な怒りのクセを診断。

【総合診断(子供版)】2160円(税込) [質問39問]
★総合診断をわかりやすく動物キャラクターに
例えて診断。
※大人の方にもお受けいただけます。

★web上で選択型の質問にご回答いただきます。
診断結果は講座当日にお渡しいたします。

※アンガーマネジメント診断のみご希望の方は
お問い合わせください。
お問い合わせは→ここをクリック!
どんなことでもお気軽にご質問下さいね。


アンガーマネジメントファシリテーター
キッズインストラクター
Ichi


ブログランキングに参加しています。
ボタンをクリックいただけると
大変ありがたです\(^o^)/
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ
にほんブログ村

もちろん拍手ボタンもありがたいです!!
スポンサーサイト

コメント

No title

こんにちは。
昔は「瞬間湯沸かし器やな」とよく、たとえていましたね。
確かに、瞬間的にとってしまう行動は後悔することが多いです。
でも、最近、そんな方は案外少ない様に思います。
代わりに、後からネチネチと長期間にわたって根に持つタイプの方が多いかな。

また逆に、湯沸し状態まで感情が高ぶったことによって、普段思っている言いたい事を言えたという経験もあるのです。

No title

その時すぐ祈れば3秒はその感情を離れられ
結果その感情から抜けられると聞いて
そのようにして夫との暮らしに活用してました(笑)
確かにその感情の枠から逃れ、一時的な怒りの感情は削がれますね。

6秒ですね!!
3秒より長くていいです♪

No title

こんにちは

旦那さんお気の毒に・・・
世の中『え?!』と思う場面に遭遇する事は、結構ありますよね。人間経験値を元に考えるので、今まで経験した事に遭遇すると尚更。
でも、好奇心旺盛な方は、新たな発見で逆に喜ぶのでしょう。

6秒ルール、凄く分かるけど自分の中で絶対に許せない事って誰しも持っているかと思います。
その6秒間に更に怒りが増すパターンもあります・笑
まぁ私はまだまだ未熟です・・・笑

森の端材工房 さま

森の端材工房さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

> 昔は「瞬間湯沸かし器やな」とよく、たとえていましたね。
→仰る通りでこの例え、通じそうな年代の方には講座でも使っています(^^)

森の端材工房さんの周りではネチネチと根に持つ『持続する怒り』タイプが
多いのですね。
私が講師をしている中で感じるのは、怒りのタイプ(クセ)は千差万別だということです。
瞬間湯沸かし器タイプの方も実は結構いらっしゃいます。
アンガーマネジメントの立場では、感情が思わず高ぶってしまうほど我慢をしたり溜め込むのはご自身の身体にとっても
また相手にとってもあまり好ましいことではありません。言われた相手も「そう思っていたのなら、もっと早く言ってくれたら良かったのに」ということも意外と多いものです。
感情が高ぶる前の段階で、相手に上手に伝えられればベストだと思います。
その時の伝え方にもコツがあります。またブログでもご紹介していきますね(*^^*)

carmenc さま

carmencさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
3秒!! 私がこれまでに聞いた中で最短時間ですが(笑)
それを暮らしに役立てておられたのですね、素晴らしいです。
これからは3秒の倍の6秒でチャレンジしてみてください。
より気持ちが落ち着かれている事と思います(^^)

芽吹 さま

芽吹さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
我が身に降りかかったついていなかったこと、モヤっとした出来事などなど
今となってはいいブログのネタになる♡と思えるようになりました。
夫の話までブログの記事にしておりますが•••(笑)

> その6秒間に更に怒りが増すパターンもあります・笑
→6秒ルールではまだ怒りが収まりきらないような時、ですね。(まだ後味悪い時ですよね)
そんな時の対処法も実はございます(^^)これは効果あると思います。
小出しで?(せこい?)またご紹介させていただきます!!

No title

6秒待つ。

けっこう効きますよこれ(^^)v
6秒待つともう怒鳴るタイミングを逸している場合が多く。
「まぁいいか。」と思えるから不思議です(´▽`)

また、怒りを抑制しないで良いというのが気持ちが楽に実践できますね。

旦那様イメージ画が微笑ましいです(●´ω`●)

No title

6秒。とはいうのですが、私の場合、朝起こった出来事→その場を離れる→感情を無理に押さえつけるともやもやイライラが続き夕方やっと気持ちが解放される、という長時間かかってしまいます。
で、そのエピソードを友人なんかに話して大笑いされたりして、当事者じゃないとこんなに面白いことだったのかーと客観的に見れたりして。

客観的に物事を見れるように、何かいい方法ってありますか??

エムロック さま

エムロックさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
6秒ルールが効くという体験コメント大変うれしいです(*^o^*)
アンガーマネジメントを実践していただき、着々と上達なさっていることが
コメントからも伝わってきます。
自分のこだわりを時に手放し「まぁいいか」と相手の価値観も受け入れられている
証拠だと思います。本当に素晴らしいです〜。
芽吹さんに続き、私もエムロック博士とお呼びしなければ( ´ ▽ ` )
>旦那様イメージ画が微笑ましいです(●´ω`●)
→自分のイラストレベルはわかってるんです、わかってるんですが。
イラストのコメント、エムロックさんがお初です!!
これもまた合わせて大変嬉しいIchiです。
ありがとうございます(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)←もちろん嬉し泣きです。

けい さま

けいさん、こんばんは。
ご訪問&コメントありがとうございます。

>6秒。とはいうのですが、私の場合、朝起こった出来事→その場を離れる→感情を無理に押さえつけるともやもやイライラが続き夕方やっと気持ちが解放される、という長時間かかってしまいます。
→怒ってはいけない、と思っていらっしゃるように見受けられますがいかがですか?
感情を無理に抑えて我慢することはないのです。もやもやイライラが持続するくらいの強い怒りということならば、怒る必要があると判断してよいと思います。
そのエピソードをお友達に話されてまだ自分は笑い話にはなっていないということならば怒る必要があったことであり、お友達に笑われて「そっか、よく考えてみたらそんなに怒る話じゃないかも」と思えるのでしたら、それは怒らなくていいことだと言えます。

>客観的に物事を見れるように、何かいい方法ってありますか??
→けいさんは大変几帳面で真面目な方なんだと思います(^^)自分の持つ常識や価値観を少し緩めることができればイライラも減ってきますよ。どう緩めていくか、10歩はムリだけど5歩なら譲れるという妥協点を見つけてみる。完璧な人間っていませんよね。自分の不完全さを認めてあげると周りの人の不完全さも受け入れられるようになりますよ。(←この考え方はアドラーですが^^;ちょっぴりかじってまして)
まだまだ言いたいことがありますが•••(笑)
夏休み、アンガーマネジメント入門講座やりましょうか?!♪

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Ichi

Author:Ichi
東京都区内在住。夫、小学生の娘、義両親たちと同居してます。関西生まれ♬のアラフォー主婦、アンガーマネジメント認定講師としても活動中です。怒りの感情と上手に付き合うことができれば毎日がラクになりますよ(*^^*)
アンガーマネジメントについて、子育てや日々のできごと、思ったこと感じたことを綴っています。あなたの生活のヒントになるかも?!

ブログランキングに参加しています。

読んだよの印にポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

カウンター