FC2ブログ

記事一覧

女子学生と母親


こんにちは。
アンガーマネジメントファシリテーターの
Ichiです。



昨年の話になるのですがf^_^;
夫とバス停でバスを待っていた時
制服を着た女子学生と紺色のスーツを着た
母親らしき女性がこちらに歩いてきました。



するとその母親らしき女性が突然
「なんで降りなかったあぁ⤴︎?」
と女子学生を大きな声でなじり始めて
私と夫は思わずその母親をちらり。



「なんで周りの人は降りたのに
あんたは降りなかった?
おかしいってなんで思わないぃ⤴︎?」



その声がどんどん大きくなります。
母親はもう鬼の形相。
しかし、女子学生は表情を変えることもなく
知らんぷりです。



2人は私たちを追い抜き
前方50メートル先くらいに
しかし母親の大きな罵倒が聞こえ続け
何があったのかわかりませんが
だんだん女子学生が気の毒になり
バスを待っていた私たちでさえ
居心地の悪い空間と化してしまったのでした。



ここからは私の勝手な妄想ですが•••
受験当日に何らかの理由で
女子学生がバスを乗り過ごしてしまい
試験?面接に間に合わなかったとか。



母親の心の中は
せっかくこれまで頑張ってきたのに!
私も出来る限り協力してきたのに!
これまでの努力が全部水の泡じゃないの!!



「•••したのに」というネガティブな感情。
虚しさ、悔しさ、情けなさなどが
大爆発したのかもしれませんよね。



母親の気持ちは痛いくらいよくわかるけれど
『叱り方が良くなかったかも』と思いました。



外で、人前で
声のボリュームを最大限にあげて
「なんで?」「どうして?」と
問い詰めるような叱り方では
反発心だけが生まれてしまいます。



相手をどう叱るか(伝えるのか)
これも大事です。
アンガーマネジメントはそう
怒らないことではないのです。
怒る必要のある時は怒っていーんです!!



怒ることが問題なのではなく
伝え方が問題なのです。


人前では怒らない

なんで?どうして?と責めない

感情をぶつけない•••



なかなか冷静でいられないことも

あるでしょう。



そんな時はまず6秒です。ひと息おいて。



感情に任せた衝動的な行いは
あとから後悔することが多いです。



6秒ルールですよ( ̄▽ ̄)



本日も最後まで読んでくださり
ありがとうございました。



昨日はバレンタインデーでしたね。
本命チョコ、義理チョコ、友チョコ
何かしらの受け渡しはありましたか(^^)
我が家は夫と義父と娘の友達に渡すチョコを
作りました。(これは一部です)
簡単なキットものでしたが、ラッピングで?
疲れました•••( ̄▽ ̄;)

201902151314314e2.jpeg


ブログランキングに参加しています。
下の2つのボタンをそれぞれ
クリックいただけると大変ありがたいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストmental.blogmura.com/レスマネジメントへ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓

拍手もうれしい〜(*^o^*)
スポンサーサイト



コメント

No title

3秒ルールというのは知っていましたが、6秒ルールですか。
その間に気持ちが落ち着く。大切なことですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ミドリノマッキー さま

ミドリノマッキーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
諸説ありますが、うちの協会(日本アンガーマネジメント協会)では、どれだけ強い怒りであっても6秒が怒りのピークであると考えています(^_^)
この6秒をいかにどうやり過ごすか、自分なりの方法を持っておくといいと思います♪

No title

Ichiさん、こんにちは。
誰かが、怒っている人がいると、当事者でなくても気まずい雰囲気になりますよね。
原因がIchiさんの妄想だとしたら、怒られなくても落ち込んでいるのは本人も一緒だと思います。
満員で降りる前にドアが閉まったのかもしれませんし、何らかの理由があったからなのでしょう。
済んでしまった事は、どうしようもないので、次のステップに向けて何とか気力を上げられる様にもっていこう!
そう考えられるのには、6秒という時間が、いかに大切なのかよく分かります。

美味しそうなチョコですね。
準備するのは大変だったと思いますが、愛情を感じられる素敵なチョコですね。

そんな風に考えられる


バスを待っていた私たちでさえ
居心地の悪い空間と化してしまったのでした。

森の端材工房 さま

森の端材工房さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
>怒っている人がいると、当事者でなくても気まずい雰囲気になりますよね。
原因がIchiさんの妄想だとしたら、怒られなくても落ち込んでいるのは本人も一緒だと思います。
→怒りは伝染するという性質があるので、周りも居心地が悪かったり、職場であれば生産性も下がったりしますが、今回はおっしゃる通り、女子学生本人が1番落ち込んでいたかもしれませんね。
より良い対処法を考えるための6秒、ひと息つくことが大事ですね。
うれしいチョコの感想ありがとうございます(^^)お友達からすごく美味しかったと言われたようで、私も娘もあの時の苦労が吹っ飛びました(笑)

No title

6秒ですか?私もやってみます。結構接客とかでイラッとすることがありますからね~ でも6秒って結構長いですね~

No title

6秒ルール!!
いつぞやか、「偉人たちの健康診断」で聞きました。

豊臣秀吉も晩年癇癪で後年支柱になる人材を処刑し続けてとうとう家を滅ぼした・・・という回で、アンガーマネジメントの会長さんが説明されていました。

私も日常で意識していますが、感情って厄介でなかなか思い通りになってくれませんね(;^_^A

自遊自足 さま

自遊自足さん、こんにちは。
お返事遅くなってごめんなさい。コメントありがとうございます!
接客業においても大変役立つスキルだと思います。6秒を深呼吸でやりすごすとあっという間だったりします(*^^*)
おススメです〜。

エムロック さま

エムロックさん、こんにちは。
お返事遅くなりました。コメントありがとうございます。
いつでしたっけ(笑)「偉人たちの健康診断」観られたんですね(^o^)はい、安藤代表が出演してました!
自分の思い通りにならないことで、イラっとしたり怒りが生まれたりしますが、自分の思い通りになることの方が実際少なかったりしますので(^_^;)『世の中、自分の思っている通りにはならないもんだ』という心構え?があると、感情的になる場面が減ってくると思います。
晩年の豊臣秀吉も癇癪持ちでなかったら、歴史は変わっていたかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

Ichi

Author:Ichi
東京都区内在住。夫、中学生の娘、義両親たちと同居しています。関西生まれのアラフォー主婦です。仕事をしながらアンガーマネジメント認定講師としても活動中です。怒りの感情と上手に付き合うことができれば毎日がラクになりますよ(*^^*)
アンガーマネジメントについて、子育てや日々のできごと、思ったこと感じたことを綴っています。あなたの生活のヒントになるかも?!

ブログランキングに参加しています。

読んだよの印にポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

カウンター