FC2ブログ

記事一覧

光と闇の融合


酷暑が続きますが
みなさまお変わりありませんか。



アンガーマネジメントファシリテーターの
Ichiです。



35度を超える猛暑日が
年々増えているような(><)
(ですよねぇ?)



溶けないようにお互い
気をつけましょう。



さて、前回の続きです。


*・・・*・・・*・・・*・・・*・・


入場口の向こうは
想像を越す大きな暗闇の空間が続き
色とりどりの光がうごめき
そして重なり合い
それでいて調和され
日本の季節や和の美を
幻想的に表現されていて



非日常でいながら
その世界観の美しさに
見惚れてしまいました。



このミュージアムには
普通あるものがないんです。
何だと思います?



それは地図と順路。
案内板がないんです。



だから
さまよい、探索し、発見する
わけなんです。



右側にも部屋があるみたいだけど
この通りの先の左側にも何かありそうだよね?



常にそんな感じです。



あれだけ人がいたはずなのに
居心地の悪さや窮屈さを感じない。
それもそのはず。
館内の広さは10,000平方メートルも
あるとのこと。



そう言われて広いイメージは受けても
某電機メーカーのCMのように
ピンときませんよね。
畳で換算するとおよそ5000枚以上の
広さになります。



520台のコンピューターと470台の
プロジェクターで
この幻想的な空間が創られているそうです。



ただ映像を観るだけではなく



歩いたり触れたりはもちろん
時にはよじ登り、綱の棒を渡り
飛び跳ねたりと
身体を動かしながら
自らも参加するアートな世界
他者と共に自由に創造していく空間に
なっています。



それは「共創」をコンセプトにした
未来の遊園地。



自分が描いた動物の絵が
機械に読み込まれると
まるで生きているかのように
地面を這い回る世界もあります。



子供はもちろん
大人でさえも
目がキラキラして
気持ちがワクワクする
クリエイティブなデジタルアートを
堪能できる
素晴らしいミュージアムでした。



帰宅後にわかったこと。
辿り着けず見逃してしまった
空間展示がいくつかありました
しかも見所と言ってもいいレベル級の
展示が数点(>_<)



散々広告でも友人のFacebookでも見ていたのに。
そういえばなぜか大行列している箇所が
あったんです。おそらくそこですね。



「なぜあの時並ばなかったのだろう〜」と
悔やむのか


「案内板がなかったせいで展示見逃したし」と
責任転嫁するのか


「次回の楽しみができちゃったな♪」と
ポジティブに捉えるのか



自分次第です(´∀`*)
私は楽しみできちゃった派です。
次回は絶対にランプの世界
覗いてくるぞー!!



20190810005954a82.jpeg


写真が上手に撮れてなくて
良さがあまり伝わりませんが
帰ってすぐにまた行きたいと
私は思ったくらいです。
(ランプ見逃したから?
だからではありませんよ!)



今日も最後まで読んで下さり
ありがとうございました。
ブログランキングに参加しています。
下の2つのボタンをそれぞれ
クリックいただけると大変ありがたいです。
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストmental.blogmura.com/レスマネジメントへ
にほんブログ村
↓ ↓ ↓ ↓

拍手もうれしい〜(*^o^*)
スポンサーサイト



コメント

No title

お疲れ様です。
このような大掛かりな催しは自分の近くではないので羨ましいです。
日ごろ家周りでごろごろしているだけの自分ですから、たまにはこうした非日常の世界を体感したいものです。

No title

こんにちは。
すごく、楽しそうなミュージアムですね。
普段、休眠状態にある脳の一部を刺激された様な・・・
そんな感覚かなと想像してしまいましたが。
私も機会があればぜひ、行ってみたいと思いました。
行けば、何か閃く感じがします(笑)

ミドリノマッキー さま

マッキーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
このお台場の施設は通年開場されているミュージアムなんですよ。わかりにくくて申し訳ありませんでした。
以前はチームラボの企画、各地で期間限定で開催されていましたが人気が口コミで広がったのでしょうか。
このお台場のミュージアムはEPSONさんがプロジェクションパートナーとして協賛していて、正式名称は「EPSON teamLab★ Borderless」となっています。
各地大都市にできるといいのになぁ、なんて思います。

森の端材工房 さま

森の端材工房さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
是非、森の端材工房さんご一家で体感していただきたいミュージアムです。
きっとお子さんも大喜びだと思います。中学1年の娘も嬉々としていました。
森の端材工房さんには作品の閃きを感じていただけること間違いなしです!( ´ ▽ ` )

No title

私も次回の楽しみができたって思う派ですね~ いつしか行ってみなくっちゃ。でもいつしかって思ってるとなかなか行けないんですけどね。でもそれはそれで楽しみとして・・・・

自遊自足 さま

自遊自足さん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
同じく「次回の楽しみ派」ですね。
「いつしか行く」その次回がなかなかやってこなかったりするのも、それはそれで楽しみという発想も良いですね(*´˘`*)1本やられました〜!

こんばんは。

まみむめもオジサンです。。。
記事見ましたが…僕も行ってみたいです!経路案内がないと言う斬新なスタイルにも興味がありますけど、北海道からは遠い…(苦笑)

子どもたちも絶対楽しめると思いますので、近場で同様のものがあれば、ぜひ行ってみようと思いました!

No title

こういう体験型ミュージアムは良いですね( ̄▽ ̄)
さまよい、探索し、発見するために地図や案内看板がないのもグッド!!

こういう演出燃えますね~。
私は、イベント会場では、全て見ようとするとストレスになるので見れる範囲で見るように心がけてます。

まみもむめ さま

まみむめもさん、こんにちは。
お返事大変遅くなり申し訳ありません(>_<)
コメントありがとうございます!
オジサンだなんて(笑)私も立派なオバサンに日々•••(笑笑)
経路案内がない、斬新ですよね。
北海道は『デッカイドウ』ですから土地はありますし(^^)こういう施設ができるとうれしいですよね。
間違いなくお子さんも楽しめますよ!チームラボさんは全国で期間限定ですが企画展も催されてますので、北海道で開催の際はぜひ足を運んでみてくださいね。(とは言っても道内も広くて移動が大変だと思いますが^^;)

エムロック さま

エムロックさん、こんにちは。
お返事大変遅くなり、申し訳ありません(>_<)
地図や案内看板がないことで、大人の私も探究心でわくわくしました。
>私は、イベント会場では、全て見ようとするとストレスになるので見れる範囲で見るように心がけてます。
→そういう心構えで鑑賞できれば気持ちに余裕が出てきますし、混雑していてもイライラすることが少なくて済みますよね。さすがエムロックさんです!!せっかく来たのに〜とつい欲張りがちな私です(^_^;)

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

プロフィール

Ichi

Author:Ichi
東京都区内在住。夫、中学生の娘、義両親たちと同居しています。関西生まれのアラフォー主婦です。仕事をしながらアンガーマネジメント認定講師としても活動中です。怒りの感情と上手に付き合うことができれば毎日がラクになりますよ(*^^*)
アンガーマネジメントについて、子育てや日々のできごと、思ったこと感じたことを綴っています。あなたの生活のヒントになるかも?!

ブログランキングに参加しています。

読んだよの印にポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ストレスマネジメントへ

カウンター